日本競馬界の至宝 天才『武豊』~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43444

比較競馬BLOG

日本競馬界の至宝 天才『武豊』

2014-08-14

つい先日、オフシーズンの楽しみ方という原稿を書いたばかりですが、

2013年オフシーズン、武豊が夏競馬でさすがの存在感を示しています。

 

2002年から2008年まで、なんと7年連続でのリーディングジョッキー。

2003年~2005年までは、年間200勝達成という偉業。

2009年は、内田博幸にリーディングをとられるも、140勝を上げ、リーディング2位。

 

しかしその翌年、2010年3月27日。毎日杯・・・。

このレースでの落馬負傷により、長期離脱・・・そして低迷

 

2010年、2011年、2012年とリーディング争いどころか、

年間100勝どころか・・・昨年は、年間56勝・・・。

武豊はの時代は終わった。

武豊は衰えた。

こんな声ばかりが競馬の世界で言われるようになってしまった。

 

思うように騎乗馬が集まらない。

かつて武豊に乗せてた馬主が、武豊から離れていった。

 

それでも“武豊”は、

悪いのは自分。

離れていった人たちもいる。

それでも、応援し続けてる人の馬で結果を出せないのは悔しい

 

そんな思いを抱きながら、

落馬による完治していない怪我・痛みをかばいながら乗り続けてきました。

 

 

そして3年後の2013年3月23日。

3年前に低迷のきっかけとなってしまった、同じレース「毎日杯」で、再び浮上するためのきっかけとなる騎乗を魅せつけました。

それが、

今年の日本ダービー馬【キズナ】を完全に手の内に入れたレースでした。

 

そのキズナで、日本ダービーを勝ち、一気に流れが変わりました。

 

昨年は年間56勝しかあげられませんでした。

それが今年は、8月11日現在すでに58勝。

まだまだリーディングには遠いですが、昨年とは明らかに違います。

 

そして今年は、重賞ですでに8勝!

今年の重賞の勝ち数はトップタイ!大舞台での強さは、さすがです。

 

夏競馬サマージョッキーシリーズでは、現在トップです。

 

今年は、いい流れのようです。

“さすが武豊”

そう思うレースが、増えてきました。

 

少なくとも、キズナとの出逢いが、流れを変えたようにも思います。

 

今年は、武豊自身6回目の凱旋門賞の挑戦を控えています。

 

7年前に、絶対に勝てると意気込んだディープインパクトでの凱旋門賞。

3着入着も、失格。

 

あの苦杯から、7年。

いつかディープの仔で挑戦したいと思っていました。

その夢の続きが、今年の【キズナ】と挑む凱旋門賞です。

 

簡単に勝てるレースではありません。でもチャンスはあると思います。

 

2013年10月6日(日)フランス・パリ、ロンシャン競馬場

 

日本の競馬界に衝撃が走るかもしれません。

 

 

日本近代競馬の結晶“ディープインパクト”の仔。

“日本ダービー馬”

その馬の背中に跨るのが“武豊”

 

挑むのは、世界最高峰のレース。

【凱旋門賞】

 

これが、競馬に対して抱く、僕の最高の夢です。ワクワクします。

 

凱旋門賞まで、

武豊とキズナ]について、分析していきたいと思っています。

レース当日、現地でのレポートもしますのでお楽しみに。

 



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP