エリザベス女王杯2013 出走馬~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43450

比較競馬BLOG

エリザベス女王杯2013 出走馬

2013-11-08


天皇賞が終わり、次のG1まで1週間空いてしまいますが、じっくり検証していきたいと思います。

11月10日(日)に行われるエリザベス女王杯の出走予定馬が発表されました。

メイショウマンボ
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

(今年のオークス・秋華賞の2冠馬)
いま一番勢いのある牝馬ですね。

武幸四郎ジョッキーと馬主のメイショウさんの感動秘話のある馬です。
秋華賞では完璧なレースをしました。
2冠馬の実績を引っ提げて、古馬に挑戦です。
秋華賞は京都の内回り2000mでしたが、外回りの2200mとなるエリザベス女王杯。距離延長と外回りになるのは歓迎です。


ヴィルシーナ
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

(今年のヴィクトリアマイル優勝、
昨年の、桜花賞、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯で2着)

昨年、牝馬3冠を達成したジェンティルドンナの陰で、ずっと2着を確保してきました。悲願のG1制覇で挑んだ昨年のエリザベス女王杯は重馬場に泣かされ、またしても2着。
それでも挑戦し続け、今年のヴィクトリアマイルで念願のG1馬となりました。
馬主は、元メジャーリーガーの大魔神・佐々木主浩氏。
今年の牝馬G1を完全制覇なるか!?

父ディープインパクトの血は、京都で騒ぎます。


ホエールキャプチャ
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

(今年のヴィクトリアマイル2着馬、
昨年のヴィクトリアマイル優勝、
一昨年の桜花賞2着、オークス3着、秋華賞3着)
一昨年の牝馬クラシックでずっと安定した走りをみせてくれ、この馬は昨年のヴィクトリアマイルで悲願達成しました。
その後、調子を崩して成績を残せませんでしたが、今年のヴィクトリアマイルで2着と復活しました。
前哨戦の府中牝馬Sを制し、再び女王を目指します。


レインボーダリア
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

(昨年のエリザベス女王杯優勝)
なかなか調子が戻ってきませんが、昨年の覇者として、簡単に女王の座を譲るわけには行きません。
2200mという距離に伸びてこそ、今年亡くなった父ブライアンズタイムの血が生きます。


デニムアンドルビー
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

(今年のオークス3着馬、ローズS(G2)優勝馬)
父は、ディープインパクト。
母の父は、キングカメハメハ。
今年の3歳世代で一番の素質馬。
スタートしてからの行き脚がつかず、後方からの競馬になってしまいますが、最後の脚は本物です。
内回りの秋華賞は合いませんでしたが、外回りになるエリザベス女王杯のコースは、大歓迎です。
素質でどこまでやれるのか、
今年のエリザベス女王杯で、一番期待したい馬です。

マルセリーナ
(一昨年の桜花賞馬)
今年のマーメイドS(G3)で桜花賞以来の勝利。調子が戻ってきましたから、一昨年の桜花賞馬の意地を見せて欲しいですね。


その他の出走予定馬は、
オールザットジャズ
ハナズゴール
エディン
アロマティコ
アグネスワルツ
セキショウ
スピードリッパー
ミッドサマーフェア
トーセンアルニカ
ラキシス
セレブリティモデル
ディアデラマドレ

以下除外対象馬
ウインクリアビュー
タガノイノセンス
コウエイオトメ
マイネオーチャード
ピクシープリンセス



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP