フェブラリーS2014 結果検証~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

フェブラリーS2014 結果検証

2014-02-27

2014年、今年初のG1レース。
東京ダート1600mの舞台で行われたフェブラリーS を制したのは、
16頭中、最低人気16番人気の「コパノリッキー
単勝オッズは、なんと272.1倍

馬の名前で察知できてしまうが、馬主は風水界の第一人者「Dr.コパ」氏の馬。

『16番人気』が勝ってしまったことも驚きではあるが、その前に、コパノリッキーが16番人気だったことが、終わってみれば驚きといっていいかもしれない。

血統は、父がゴールドアリュール
父は2003年のフェブラリーSの勝ち馬。
母父はティンバーカントリー
まさにダート界では“明らかな良血馬”だ。

今回3番人気に押されていた4歳のベストウォーリアを、昨年5月の統一G2レース【兵庫チャンピオンシップ】では、なんと1秒差もつけて、圧倒するほどの素質馬だった。

その後骨折してしまい、復帰後の2レースが大敗続き。
そして、フェブラリーSには、出走予定だった一昨年の優勝馬のテスタマッタが直前に故障で引退し、出走枠が1頭空いた・・・、そして2分の1の抽選を突破し、フェブラリーS出走が決まった。

フェブラリーSのレース内容としては、正直とてもG1とは思えないレース内容ではあるが・・・。
東京1600mのコースはスタートが芝スタートで特殊。
そして、中央のダートレースは1600mという距離設定は東京のみである。
逃げたのは、宣言通り、エーシントップがハナを切る。
戦前は、ダート界の中心的存在であるホッコータルマエやニホンピロアワーズが前々で行くだろうと思われていたが、そうはならなかった。

コパノリッキーの勝因としては、
2番手のポジションでいい位置で競馬ができたこと。そしてペースが遅かったこと。

先行有利な展開となり、押し切ることができた。

有力視されていた、ホッコータルマエとベルシャザールが、2着3着と格好はつけたが、本質的にどちらの馬も1600mは距離が少し短い。
1800m~2000mがベストだろう。
ましてや、ペースが遅けりゃ致命的。

世界的に見てもダートの大きなレースは2000m前後。
フェブラリーSで負けたとは言え、ダート界の主力は、ホッコータルマエとベルシャザールがトップクラスであることの評価に不動はない。


コパノリッキーの真価がわかるのは、今後のレースで判断が必要となる。

とはいえ、G1馬には変わりない。
田辺ジョッキー、G1初制覇おめでとう!!!




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP