日本ダービー2015への道~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43450

比較競馬BLOG

日本ダービー2015への道

2014-08-05


ワンアンドオンリーが制した今年の日本ダービー。
その翌週から早くも、2015年の日本ダービーを目指す若駒達が続々とデビューしている。

今年期待されていたのが、
オルフェーヴルの弟の【アッシュゴールド
デビュー戦は、評判を裏切った結果となったが見限るのはまだ早い。

兄ほどの素材ではないにしろ、まだまだこれからの馬。
追い切りの量こそ多かったが、「おっ!」と思わせる追い切りの動きではなかったから、よくなるのはまだ先。

2400mと考えるとちょっと厳しいが、デビューした馬の中では、
コートシャルマン】がなかなかいい素材。レッドオーヴァルの半妹で今年の春大活躍のハーツクライ産駒。

ダービー路線にはならないだろうが、桜花賞とか阪神JFに向けて楽しみな素材。

ディープ産駒で、藤沢厩舎の【アヴニールマルシェ】も素質のあるイイ馬で、こちらは牡馬だから皐月賞には進めそうな素材。
デビュー戦が東京芝1800mで上がり33秒台の末脚を使える辺り非凡。
ただ33秒台の脚が使えるだけでなく、レースのレベルを考えると、順調に成長すれば、2歳、3歳の重賞ならチャンスが十分にありそう。


デビュー戦では稍重馬場で2着と敗れたが、ディープ産駒の【ポルトドートウィユ】も楽しみな素材。
母はポルトフィーノで、エアグルーヴの孫。血統が血統だけに期待が先行するだろうが、そこそこ走りそう。

ネオユニヴァース産駒の【ブライトエンブレム】も、今後の走りを追って見て行きたい馬。母は秋華賞を制したブラックエンブレム。
稍重馬場で見せた末脚は、今後を期待させる走りだった。


キズナやワンアンドオンリーを産んだノースヒルズが送り込んだディープ産駒の【ティルナノーグ
この馬は、特に期待して追いかけていいだろう。
武豊”が、おそらくクラシックまで手放さないであろう馬。順調なら、日本ダービー出走は当確と見ていいかもしれない。

函館でデビューしたステイゴールド産駒の【サウスキャロライナ】も注目の素材。札幌2歳S辺りでは、最有力候補かもしれない。能力は高い。

地味なところで【ミュゼエイリアン】もそこそこ走りそう。スクリーンヒーロー産駒で、福島でデビューしたが、なかなかいいレースだった。


新潟でデビューしたディープ産駒の【メイショウメイゲツ】も今後が楽しみな素材。芝1400mでのデビューだったが距離は延びても大丈夫そう。

ワンアンドオンリーと同じ橋口厩舎で、ハーツクライ産駒の【ナヴィオン】も末脚は32秒台で大物感がある。
このレースで2着に敗れた【ショウナンアデラ】はディープ産駒の牝馬だが、こちらもイイ馬で、8/3(日)の新潟で行われた新馬戦は、伝説の新馬戦になる可能性も!?


楽しみな馬はもっともっとたくさんいて、これからデビューを控えており夏競馬の間の新馬戦もしっかりチェックしておいた方がいい。


→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP