日本ダービー2014 クラシック世代の今~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43444

比較競馬BLOG

日本ダービー2014 クラシック世代の今

2014-01-10


期待されてた馬が、案外な走りで取りこぼしが多く、なかなか格付けが難しい、2014年のクラシック世代。

ディープインパクトの弟で、AKB48の小島陽菜が命名した《モンドシャルナ》は、デビュー戦は、かなりイイ脚を魅せてくれたものの、次走のラジオNIKKEI 2歳Sでは、デビュー戦のような末脚をみせることなく、6着に。

「まだまだこれから!」と言いたいところですが、ダービーを勝てる馬ではなさそう。


ディープインパクト産駒の期待馬の《ガリバルディ
デビュー戦は、なかなかのハイレベルなレースで、2着に敗れたものの、未勝利戦できっちり勝ち、能力を見せてくれました。
が・・・3戦目の、福寿草特別(3歳500万下)では、人気を背負うも、3着。
結果は3着ですが・・・少頭数のレースで難しいレースでした。

京都の開幕週で前が有利。
内回りのコースで直線が短い。
それでも上がりは33秒台をきちんと使えており、500万下クラスで負けたとは言え、結果ほど悲観するほどでもなさそう。
ここからあと数ヶ月で、どれくらい成長できるのか。まだまだ見込みはありそうです。


そのガリバルディをデビュー戦で倒した(突き放した)《クラリティシチー》も注目です。

父はキングカメハメハ
母父はスペシャルウィーク

ダービー馬血統です。
父母父もダービー馬。

デビュー戦も強い内容で末脚も素晴らしい内容。

東スポ杯2歳Sでは、1頭だけ、ずば抜けた末脚を披露し、3着に。
前走のホープフルSでは、外枠だったものの勝ち馬とは0.1秒差の3着。

デビュー戦後は、3着が3回続いていますが、きっかけさえ掴めれば、重賞は勝てそうな能力があります。


そのクラリティシチーをホープフルSで下した、《エアアンセム》は面白い存在かもしれません。

新馬戦もホープフルSも、8番人気で勝利。
なぜ人気がなかったもか不思議なくらいです。
父はシンボリクリスエス
母父はサンデーサイレンス

母のエアマグダラは、秋華賞馬“エアメサイア”の全妹。
母の兄のエアシェイディは、
AJCC(G2)の重賞勝ち馬で、有馬記念で3着が2回。

良血馬です。
新馬戦の内容が、とにかく素晴らしい。
距離が延びても良さそうですし、
中山も東京もOKです。
皐月賞、日本ダービーを楽しませてくれる関東馬の代表格かもしれません。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP