日本ダービー2014 クラシック世代の今~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月23日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47653

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

日本ダービー2014 クラシック世代の今

2014-01-10


期待されてた馬が、案外な走りで取りこぼしが多く、なかなか格付けが難しい、2014年のクラシック世代。

ディープインパクトの弟で、AKB48の小島陽菜が命名した《モンドシャルナ》は、デビュー戦は、かなりイイ脚を魅せてくれたものの、次走のラジオNIKKEI 2歳Sでは、デビュー戦のような末脚をみせることなく、6着に。

「まだまだこれから!」と言いたいところですが、ダービーを勝てる馬ではなさそう。


ディープインパクト産駒の期待馬の《ガリバルディ
デビュー戦は、なかなかのハイレベルなレースで、2着に敗れたものの、未勝利戦できっちり勝ち、能力を見せてくれました。
が・・・3戦目の、福寿草特別(3歳500万下)では、人気を背負うも、3着。
結果は3着ですが・・・少頭数のレースで難しいレースでした。

京都の開幕週で前が有利。
内回りのコースで直線が短い。
それでも上がりは33秒台をきちんと使えており、500万下クラスで負けたとは言え、結果ほど悲観するほどでもなさそう。
ここからあと数ヶ月で、どれくらい成長できるのか。まだまだ見込みはありそうです。


そのガリバルディをデビュー戦で倒した(突き放した)《クラリティシチー》も注目です。

父はキングカメハメハ
母父はスペシャルウィーク

ダービー馬血統です。
父母父もダービー馬。

デビュー戦も強い内容で末脚も素晴らしい内容。

東スポ杯2歳Sでは、1頭だけ、ずば抜けた末脚を披露し、3着に。
前走のホープフルSでは、外枠だったものの勝ち馬とは0.1秒差の3着。

デビュー戦後は、3着が3回続いていますが、きっかけさえ掴めれば、重賞は勝てそうな能力があります。


そのクラリティシチーをホープフルSで下した、《エアアンセム》は面白い存在かもしれません。

新馬戦もホープフルSも、8番人気で勝利。
なぜ人気がなかったもか不思議なくらいです。
父はシンボリクリスエス
母父はサンデーサイレンス

母のエアマグダラは、秋華賞馬“エアメサイア”の全妹。
母の兄のエアシェイディは、
AJCC(G2)の重賞勝ち馬で、有馬記念で3着が2回。

良血馬です。
新馬戦の内容が、とにかく素晴らしい。
距離が延びても良さそうですし、
中山も東京もOKです。
皐月賞、日本ダービーを楽しませてくれる関東馬の代表格かもしれません。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP