日本ダービー2014~若駒S~~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43445

比較競馬BLOG

日本ダービー2014~若駒S~

2014-01-28


出世レース「若駒S」を勝ったのは、良血の評判馬【トゥザワールド】!!

あのディープインパクトが、世間に最初に衝撃を与えたレースが、若駒S。

衝撃の末脚。
あの時のディープインパクトの上がり3Fは、“33秒6”

そして、今年・・・トゥザワールドが叩き出した上がり3Fは、
なんとディープと同じ、“33秒6”。

しかも、全体時計は、ディープインパクトが「2.00.8」だったのに対して、「2.00.0」と、0.8秒も速かったんです。

当然レース全体のペースもあり、馬場状態も関係してくるため、
ディープインパクトよりも衝撃!?というわけではないですが、

今年のクラシックメンバーの中で、
【トゥザワールド】がトップクラスにいるのは間違いないです。


母は、トゥザヴィクトリー
エリザベス女王杯を制覇したG1馬です。ドバイワールドカップで2着。
クラシックは、桜花賞3着、オークス2着。かなりの実績馬です。

父は、キングカメハメハ
ダービー馬です。

ダービー馬は、ダービー馬から
という格言がありますが、この馬も父親がダービー馬ですから、歴史から見ても、ダービー馬候補の1頭です。


全兄は、現役のトゥザグローリー
G2を3勝(京都記念、日経賞、日経新春杯)。
G1でも有馬記念で3着が2回。
天皇賞春で1番人気になったこともある超良血馬です。

トゥザグローリーは、3歳の3月デビューで遅いデビューでした。
そこから2連勝、ダービートライアルの青葉賞で2着に入り、デビューからたったの2ヶ月で日本ダービーに出走した期待馬でした。

【トゥザワールド】は、2歳の9月にデビューでした。
クラシックへ向けて、ゆったりとローテーションを組めますから、兄よりも期待が大きいです
デビュー戦は、単勝1.9倍の圧倒的一番人気。
しかし、デビュー戦は2着に敗れました。
勝った馬は、逃げ馬の“バンドワゴン
このレースの上がり最速は、なんと逃げたバンドワゴンの“33秒5”。
逃げた馬に、上がり33秒5の脚を使われてしまっては、後ろの馬は、どうにもなりません。
ここでは、6馬身と、1秒も差をつけられてしまいました。

“バンドワゴン”も有力されていますが、新馬戦は、ゆったりレースが進められるので、勝ち馬だけが、まったく違うレースをしていただけで、悲観するような差ではありません。

その後、未勝利戦から3連勝ですから、大きいレースになれば、新馬戦の着差は、逆転できるでしょう。


2014年のクラシックは、

ディープインパクト(2005年ダービー馬)の仔の代表【トーセンスターダム

キングカメハメハ(2004年ダービー馬)の仔の代表【トゥザワールド

この“2強”とみていいかもしれません。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP