日本ダービー2014 幻の三冠馬の血を受け継ぐ、最後の大物~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43450

比較競馬BLOG

日本ダービー2014 幻の三冠馬の血を受け継ぐ、最後の大物

2014-05-27


日本の競走に、あまりにも大きな影響を与えた大種牡馬『サンデーサイレンス

サンデーサイレンスが輸入され、その初年度産駒で誕生した馬が、フジキセキ

デビュー戦は、蛯名正義騎手が騎乗し、2着馬に8馬身もの大差をつけて圧勝。
しかも1200mの短距離戦だから、その強さは際立っていた。

2戦目はマイル戦を使われ、後のダービー馬となるタヤスツヨシに完勝。

無傷で挑んだG1、朝日杯3歳S(当時は歳の数え方が違ったため3歳Sだが、今で言う2歳G1を制覇。

そこで2着に負かしたスキーキャプテンは、その後アメリカのケンタッキーダービーに挑戦したほどの馬だから相当なもの。

そしてクラシック前哨戦の弥生賞も完勝し、「4戦4勝の無敗馬」として、クラシックへと挑むはずだったが、

屈腱炎を発症し、引退となってしまう


種牡馬となった当初はあまり成績は良くなかったものの、“フジキセキの癖”を生産者側が掴み始めると強い馬が誕生し始める。

ダート界で強烈だった「カネヒキリ」
短距離界で一時代を築いた「キンシャサノキセキ」や「ファイングレイン」

ヴィクトリアマイルでウオッカを倒した「エイジアンウインズ」

NHKマイルCを強烈なタイムで快勝した「ダノンシャンティ」

オルフェーヴル世代で当初は世代ナンバーワンと言われ、後に低迷していた武豊とともにマイルCSを制した「サダムパテック」


数々のG1馬を送り出してきたフジキセキだが、2011年以降は種付を行っておらず、実質今年のクラシック世代が最後の世代となる。

そして今年、皐月賞を制し日本ダービーに挑むのが、フジキセキ産駒最後の大物【イスラボニータ
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示



これまで6戦5勝の成績を誇る。
負けたのは、ハープスターの衝撃末脚に屈した昨夏の新潟2歳Sのみ。

日本ダービーと同じ東京競馬場では、
東スポ杯2歳Sと共同通信杯で圧巻の強さを見せつけた。

皐月賞も圧勝。

世代トップレベルであることは疑いようがない。

東京コースも問題ない。

死角があるとすれば、

それは、距離

フジキセキ産駒は1600m辺りがベストの傾向が強く、G1となると正直長い。

鞍上の蛯名騎手は、武豊騎手と同期。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示



凱旋門賞では2着が2回という実績があり、
今年は天皇賞をフェノーメノで制覇。

過去には、アパパネで牝馬3冠も達成しており、実績実力は文句なし。

だが、まだ日本ダービーは勝っていない。

フェノーメノで挑んだ2年前のダービーは僅差の2着となり、
悔しさのあまり男泣きをしていた。

何がなんでも日本ダービーを勝ちたいという想いはとても強く。

デビュー戦から、ずっとイスラボニータに騎乗しており、人馬一体という意味でもダービー勝つには相応しいコンビだ。

乗り替わりではダービーを勝てない」とまで言われており、馬と騎手の信頼関係はとても強い。


死角はやっぱり距離以外には見当たらない。


→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP