菊花賞2015 祭り~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

菊花賞2015 祭り

2015-10-28

ま~つりだ祭りだ祭りだ!
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

菊花賞制覇は…サブちゃんこと「北島三郎氏」の【キタサンブラック
ぶったまげた!!

ディープインパクト産駒は菊花賞を勝てない

…と言われ続け。
リアルスティールがそのジンクスを打ち破ろうとしたその少し先にゴール板を通過したのが“ブラックタイド産駒”のキタサンブラック。

リアルスティールも強い競馬だった。世代レベルはいかがなものかとは思うのであんまり強く褒め称えることはしないが、リアルスティールはこの世代ではトップレベルの馬であることを証明した。

ただ、それ以上に上手く立ち回ったキタサンブラックも、フロックではなく世代でトップレベルの馬。
繁殖牝馬のレベルを思えば、この世代で一番の驚きの存在はキタサンブラックなのかもしれない。

ディープインパクト産駒はまたもや2着までだったが、勝ったキタサンブラックの父ブラックタイドは、ディープインパクト産駒による快挙といってもいい。 ディープインパクトと“まったく同じ血の兄”がブラックタイドなのだから。

世代を超えた兄弟ワンツー!
これが凄いところ。

当然、どちらも「3000mは長い」という下馬評だったわけで、長距離不安のあった2騎による激戦。
スタミナ勝負もってこいと言われていた存在の馬が、失速。

世代で…出走メンバーの中で、一番強い馬が「1着」「2着」だったのが今年の菊花賞ということだろう。

長距離血統とかではなく、確かに道中は、途中から緩んだことは確かだった。
だからこそ、3000mでもキタサンブラックとリアルスティールが台頭出来たということも一理あるかもしれない。

いずれにしろ菊花賞を制した馬はディープインパクトと全くの同じ血であるブラックタイド産駒という事実。
これでまた「ディープインパクト産駒は菊花賞を勝てない」説は来年も言われ続けるのだろうが、ブラックタイド産駒が勝った以上はディープインパクト産駒が菊花賞を勝てないという説は、明らかに弱くなる。

来年の「菊花賞2016」を勝つのは、そろそろディープインパクト産駒かも…



毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP