凱旋門賞2013 パリ3日目~凱旋門賞当日~~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43444

比較競馬BLOG

凱旋門賞2013 パリ3日目~凱旋門賞当日~

2014-10-08


フランスの1Rは、13時45分に発走のため、朝はゆっくりです。
1RからG1レースなので、本当に日本とはまったく雰囲気が違います。

さすが凱旋門賞ですね。
華やかな人が数多く見られました。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

本当に競馬の祭典、世界最高峰のレースなんだなと、雰囲気に酔わせてくれます。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

オルフェーヴルキズナの勝負服を着た、日本から応援しに来たファンの方も多数。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示   画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示   画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

ディープインパクトの調教師、池江泰郎元調教師や、
息子で、オルフェーヴルの調教師の池江泰寿調教師も、わりと近くでお会いすることができました。

日本とは、ファンと関係者の距離感が違って、本当競馬場のパドックやら、通路やら、近くでお話しすることができます。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示     画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

昨年のダービー馬“ディープブリランテ”の矢作調教師や、
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示


今年の皐月賞馬“ロゴタイプ”の田中調教師、
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示


もちろん社台グループのトップ“吉田照哉夫妻もいらっしゃいました。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示


さすがだな~と思ったのは、
外国の馬を熱心に見てる吉田照哉さんの姿
こうやって繁殖牝馬を、日本に輸入して成功させてるんだなと思わせてくれました。

吉田照哉さんの馬を見る目というのが、
今の日本競馬を、このレベル・・・世界と闘えるレベルまで引き上げてくれたんだなと思います。


肝心の凱旋門賞ですが、
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

こっちのレースは番と枠の番号は別で、少し混乱した方もいたと思います。
オルフェーヴルの馬番は6で、枠は8番。キズナの馬番は14で、枠は11番。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示     画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示


オルフェーヴルもキズナも、雰囲気は良い感じでした。
パドックでも、とても良く見えました。

ただただ世界の馬は強いな!と思わせられましたね。

勝った18番のトレヴ。
この馬は本当に強いです!!
デビューから5連勝で、無敗の凱旋門賞馬の誕生です

3歳牝馬ということで、斤量は54.5kg。
2着だったオルフェーヴルが59.5kgですから、5kgは大きいですね。

結果は5馬身差の負け。
昨年よりも着差は大きいですが、オルフェーヴルの2着は、相手を考えても昨年の2着よりもいい内容だったと思います。

キズナは4着。
直線の前で、オルフェーヴルを外から塞ぎましたね。
同じ日本からの挑戦馬という立場ですが、これは勝負事!
仲間ではなく、ライバル。
だからこそ、勝負所でオルフェーヴルに蓋をした。
さすがっ、武豊!!と思いました。
武豊の勝負師としての意志がはっきりと見えました。
本気で勝ちに行ったなと!

結果は、トレヴに7馬身離されましたから、悔しいけど完敗です。
それでも、まだ3歳なので、これからさらに進化して来年も挑戦してくれたら楽しめそうですね

4着は、悲観する結果ではなく、希望をもてる結果です。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

簡単には勝たせてもらえませんね。
これだから競馬は面白い!

来週から、日本では秋華賞【G1】がありますから、国内の競馬にも注目です。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP