凱旋門賞2013 結果検証~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月23日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47653

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

凱旋門賞2013 結果検証

2013-10-09


凱旋門賞観戦から、帰国しました。

改めて、凱旋門賞を検証してみましたが、今年は相当ハイレベルでしたね。

ヨーロッパは、ゲートの練習は、ほとんどしないらしいので、最初の馬がゲート入りしてから、最後の馬がゲート入りするまで、かなり時間差がありますね。

キズナは相当ゲートの中で待たされましたが、武豊がずっとなだめてて、“人馬一体”を感じとることができました。
落ち着いてました。

オルフェーヴルは、ゲート入りを一旦嫌いましたが、イレ込むことはなく、各馬キレイにスタートを切れました。

レースは、ゆったりと進み、キズナはいつも通り、後方2、3番手辺り。
オルフェーヴルも理想の中団やや後ろ辺り。

オルフェーヴルのやや後ろ、外目にずっといたのが、トレヴ
そのトレヴを見るように、キズナがポジションをとる形。

そして、4コーナーに入る前のフォルスストレートに入った辺り、下り坂を下った辺りで、内側の馬群はかなりの団子状態。
外目にいたトレヴが前に進んでいき、オルフェーヴルの外につけて、まずはオルフェーヴルに蓋をしました。

トレヴがポジションを前に動いて行ったことで、キズナも徐々に前へ。

ここでも、キズナがオルフェーヴルに蓋をしました。

外を回すのは不利 と言われる中で、
トレヴもキズナも外目を通って、前に進出していきます。
閉じ込められてるオルフェーヴルは、ずっと行きたがってる様子でしたが、スミヨンもなんとか我慢をさせてました。

キズナは、日本のレースでは、最後の直線に入るまで、前に進出していきませんが、トレヴが動いたので、いつもより早めにポジションを上げていきました。

キズナのポジションの取り方は、ほぼ完璧です。

直線に入ったところで、キズナは先頭に並びかけます。

この辺りで、現地で見ていた時には、「キズナ勝てるぞ!」と思いました。

トレヴが早めに動いていたので、最後はバテるだろうと思ってました。

が、トレヴが突き放しにかかります。
トレヴが、内に行ったことで、オルフェーヴルの目の前に進路が開きました。

ここから、日本馬の追い込みどころ!のはずが・・・

トレヴが止まりませんでした。

1ハロン11秒台のラップタイムを、ラスト3ハロン連続で続けてます。

こんなの見たことないです

オルフェーヴルもキズナもバテてませんし、負けても強いと思える内容です。

斤量の恩恵もあるとは言え、
外を走っていた馬が、最後の直線入ったところから、どんどん突き放し、最後までバテない。

勝ったトレヴが強過ぎるとしか言いようがないと思います。

現地で見ていた時は、直線の入り口で、キズナ完璧だ!と思い、残り300m~200mくらいのところで、トレヴがまったくバテなかったので、トレヴの強さに笑うしかなかったですが、相当強いですね。

通常なら、トレヴは、バテます!
オルフェーヴルもキズナも追い込んで来れます。
それが、差が縮まらない。

ちょっと衝撃の強さです。

ただ、“負けて強し”の内容ですし、
17頭の中での、2着と4着ですから、日本の馬は世界に通用すると思います。

挑戦し続ければ、いつか必ず勝てると思います。


オルフェーヴルは、有馬記念で引退ですから、悔しいし残念ですが、ラストランで凱旋門賞2着の誇りを見せて欲しいですね。
そしてオルフェーヴルの子どもが、日本ダービー、そして凱旋門賞へと挑戦する時が来るのを楽しみにしましょう。


キズナは、まだ3歳ですから、成長段階。これからまだ成長します。

今年の凱旋門賞は、日本馬は、残念ながら完敗でした。

でも、強くなる馬は、負けてこそ強くなります。
またこれから1年、キズナがどこまで成長するのか、とても楽しみです。

悔しいですが、希望の持てる敗戦だと思います。

レースとしては非常にいい形でした。
世界は強いですね。

武豊ジョッキーは、
キズナで来年挑戦したい。」とのことです。
オーナーも、挑戦の意向を示してます。

状態が良ければ、また来年の凱旋門賞は、期待をもって楽しめると思います。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP