マイルCS2013 回顧~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43445

比較競馬BLOG

マイルCS2013 回顧

2013-11-20

トーセンラーの念願のG1勝利」そして、「武豊のG1レース100勝」という素晴らしい形で決まった今年のマイルCS

にしても、勝ったトーセンラーは、めちゃくちゃ強かったですね。

いいスタートを切れて、前がごちゃついてたこともあり、武豊は、後方に下げる好判断。

大方の予想通り、1枠のコパノリチャードが逃げる展開。
スタート切った段階では、外枠の馬にも、そのまま逃げたら?と思えるような好スタートを切った馬もいましたが、コパノリチャードを逃がそうと、みんな、少し待つように見えました。

この時点で、このレースはハイペースにはならないんだなということがわかりました。

速くもなく遅くもなく、平均ペースでしょうか。

ならば、直線に坂のない京都のコース。
比較的、前目にいる馬の方が有利な流れです。

ですが、前は、序盤からごちゃごちゃしてましたね。

位置取りとしては、
“ダイワマッジョーレ”、“ダノンシャーク”、“クラレント”
この3頭は、各馬とても絶好なポジションを取れました。

【トーセンラー】は後方3番手。
マイルのペースに戸惑うこともなく、馬なりで追走。
馬と騎手のリズムが合っていました。
が、レースの流れから言えば、後方のポジションは、勝つには厳しいかなと思えるようなペース。

3コーナーから4コーナーにかけても、馬のリズムを大事にし、直線までそのままのリズムで進めていました。

直線に入ったところで、各馬は横にばらけるのが京都外回りコースの特徴。

それでも、直線に入った段階では、
勝つのは、
ダイワマッジョーレ”か“ダノンシャーク”か!?
といった展開。

そんな中、“トーセンラーと武豊”は、うまくスムーズに進路を見つけ、そこから抜群の手応えでした。

1頭だけ、弾け方がまったく違う。

外を回して、残り100m。
他の馬とはまったく脚が違いました。


最後の直線にかけたという武豊。
1600mに合わせるのではなく、トーセンラーに合わせる
そういう想いで、人馬一体での見事な勝利。

けっして、トーセンラーに有利な展開ではありませんでした。
それにも関わらず、後方から差し切ったというのは、とても価値のある強い勝ち方です。

走り方。外からの追い込み方。
ディープインパクトによく似てます。

華のある、本当に美しい勝ち方でした。

2年前のクラシックから、ずっと追いかけていた馬なので、勝ってくれて本当に嬉しいです。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP