NHKマイルカップ2014 馬券としては、この春最大級の面白さ~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43450

比較競馬BLOG

NHKマイルカップ2014 馬券としては、この春最大級の面白さ

2014-05-08


G1レースの中でもなかなか売り上げが見込めないのが、今週行われるNHKマイルカップ

今年は1週ずつずれているため、GWと給料日の間ということでなおさら厳しいかもしれないですね。

ただ・・・、“配当を狙う”という意味では非常に面白いレースだと思います。

3歳のG1ですが、世代のトップクラスの馬たちはやっぱり皐月賞日本ダービーと基本はクラシック路線に進んで行くわけですから、「2000mは距離が長いかな?」という馬や、「ちょっとここまでは力が足りなかったかな?」という馬、牝馬であれば、「オークスの2400mは長いけどココなら!」と牡馬に挑んでくる桜花賞組など、とにかく力の比較が非常に難しいレースです。


NHKマイルCが行われる府中1600mというコースは、逃げ切るのは至難と言われるコース。

過去に逃げ切ったのは、カレンブラックヒルくらいでは?というほど、まず逃げ切れません。

今年の高松宮記念を制した、快速馬コパノリチャードも、昨年は、NHKマイルCで逃げて惨敗しています。

が今年の最有力候補としてあげられてる【ミッキーアイル】は逃げ馬。

「この馬のスピードなら、逃げて押し切れるかも?」 と思わせるくらいスピードがずば抜けている馬です。

ただ展開から言うと難しいのも事実であり、みんなが差し馬の穴馬を見つけ出したくなるようなレースです。

スピードだけでなく、スタミナも問われる舞台。
そして上がりも問われる舞台。

と考えると、あまり後ろ過ぎず中団くらいに構えて、上がりも速い馬が一番の狙い目です。

好位を取りに行きそうな馬は、「ミッキーアイルの逃げるペースに脚を使ってしまい、最後失速してしまうのでは?」という不安がどうしても拭えません。

ミッキーアイルは、スピードは間違いなくトップですが展開的な不安も拭えませんから、1番人気にはなるでしょうけど、あまり軸にはしたくない馬です。

出走登録馬を見渡して、面白そうなのは、極端な位置ではなく中団のポジションで進められそうなロサギガンティアは注目です。

皐月賞は0.6秒差の10着大敗しましたが、スプリングSの内容や500万クラスで府中1800mを勝ったパフォーマンスを考えると、ここで爆発する可能性も十分に秘めています。

外を回されることなく脚を溜められれば、皐月賞で見せ場を作ることができなかった悔しさがここで爆発するかもしれません。


他にも“ディープ産駒に騎乗する武豊”の成績は突出しており、
そう考えると【サトノルパン】なんかも、なかなか期待できそう。

NTZで、1、2着のショウナンコンビも安定した強さを誇っておりなかなかのメンバーは揃いそう。

桜花賞4着馬、ホウライアキコも出走予定でこちらも面白い存在。

ただしミッキーアイルがペースを作ることを考えると、ホウライアキコにとっては厳しくなるかもしれないですが。

「今年の3歳世代は牝馬のレベルが非常に高い」
と言われており、牝馬を軽視すると痛い目に合いそうな予感。


メンバー構成を考えると、馬券の組み立て方としては、とても魅力的かもしれない。
レースの格とは反比例するが、馬券としてはこの春最大級の面白さかも。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP