桜花賞2014 チューリップ賞~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

桜花賞2014 チューリップ賞

2015-03-05


桜花賞へ向けた王道路線は、やっぱりチューリップ賞
このチューリップ賞を経由して来た馬が、桜花賞の“軸”になることは間違いない。

桜花賞と同じ阪神1600mで行われるレースです。
外回りで直線も長く、紛れが少ないコース形態。ほぼ力通りに決まるコースです。


今年のクラシック牝馬世代。
怪物扱いされている【ハープスター】が、どんなレースを見せるのか?

トライアルの段階での怪物との対決を避けるため、強力馬は、あまりチューリップには参加しなかったのが実情と思いますが、
単勝1.1倍と圧倒的人気に支持されました。

終わってみれば、勝ちタイムは、
《1.34.3》

同じ日に同じコースで行われた古馬準OP戦よりも、タイムは0.4秒も早いです。
この時期の3歳牝馬のレースですから、通常は古馬1000万クラスと同等のタイムならそこそこ評価していいくらいですから、いかに強いかがわかるはずです。

しかもハープスターは、13頭中、後方2番手からレースを進めました。
直線で大外へ回し、そっからの脚が凄かった。

上がり3Fは、33秒7。
2番目に上がり3Fの早い馬が、34秒6。

上がり3Fで約1秒も違うわけだから、
圧倒的に脚が違います。

桜花賞に向けて、【ハープスターに死角なし】と言っていいでしょう。

早すぎるけど、本番まで順調なら、
今年の桜花賞馬は【ハープスター】で間違いないでしょう。

ディープインパクト産駒がデビューして、今年が4年目です。

過去3年の桜花賞馬を並べると、
2011年マルセリーナ
2012年ジェンティルドンナ
2013年アユサン

すべてディープインパクト産駒です。

今年ハープスターが勝てば、ディープの娘が4連覇達成。

ハープスターの母の母、つまり祖母は「ベガ」です。
「ベガ」は、チューリップ賞を勝ち、桜花賞、オークスと2冠を達成しました。

そんなベガの孫が、ハープスター。
血が繋ぐ、競馬のストーリー。

本番でも衝撃の末脚を披露してくれるでしょう。

そして、なんと凱旋門賞にも登録されました

夢のある馬です。



毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP