現役最強馬の激突~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

現役最強馬の激突

2015-04-04


今週末に行われる産経大阪杯は、現役最強馬の激突と言っても過言でないかもしれない。

先週末のドバイで、日本馬2頭、ジャスタウエイジェンティルドンナが、海外 G1を制覇し、日本の馬の強さを証明してくれた。

今年、日本の馬はさらに世界に挑戦する見通し。
日本の馬の挑戦はまだまだ続く。


ついに今週末...
昨年の日本ダービーの1、2着馬が、日本ダービー以来の直接対決。

武豊の【キズナ
福永祐一の【エピファネイア

キズナは、この後は天皇賞へ。
秋は【凱旋門賞】へ再挑戦。

エピファネイアは、この後は香港へ。

産経大阪杯は、叩き台ではあるものの、この直接対決は、G1レース並、いや通常のG1レース以上の見応えがありそう。

日本ダービー馬のプライド。
菊花賞馬のプライド、そしてダービーのリベンジ。

キズナvsエピファネイアは、これが4度目の対決

最初は2歳の暮れに行われたラジオNIKKEI2歳S。
続いて弥生賞。

この2レースは、エピファネイアがキズナに先着。
日本ダービーという大舞台で、キズナが逆転。


「どちらが強いの?」
本当にわかりません(笑)


積んでるエンジンは、もしかするとエピファネイアの方が上かもしれません。
あれだけ折り合いを欠きながら、皐月賞も日本ダービーも2着。
信じられない強さでした。

レースセンスなど、総合力は、キズナの方が上でしょう。
自分のリズムで走り、エンジンが掛かれば、長く脚を使い続ける。
そう簡単には止まりません。

産経大阪杯のコースは、阪神の内回りコース。


これは、ラジオNIKKEI2歳Sと同じコースです。
直線が長い方がいいキズナよりは、エピファネイアの方がコース適性は上でしょう

キズナが、どんなレースを見せてくれるのか?
武豊の腕の見せ所ですね。


この2頭に割って入れるのか?
さらにレースを面白くしてくれる存在が、【メイショウマンボ】の存在です。
昨年のオークス、秋華賞、エリザベス女王杯を制した女王です。

昨年のクラシックの中心にいた3頭が揃うわけですから、もはや、ただのG2レースではありません。

メイショウマンボの鞍上は、武幸四郎。武兄弟対決にも注目です。

メイショウマンボは、順調なら凱旋門賞挑戦も視野に入れてるようです。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP