世界4位の馬の貫禄勝ち~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43444

比較競馬BLOG

世界4位の馬の貫禄勝ち

2015-04-09


終わってみれば、キズナが、とてつもなくめちゃくちゃ強かった。

さすが“キズナと武豊
キズナらしい、素晴らしい末脚でしたね


日本ダービーを制し、フランスの地で、イギリスダービー馬のルーラーオブザワールドに競り勝ち、凱旋門賞では4位という実績馬。


そんなキズナが、 なぜ2番人気?


単勝オッズ1.9倍の1番人気だったのが、ライバルのエピファネイア


産経大阪杯と同じコースで行われた、ラジオNIKKEI2歳Sでは、確かにキズナはエピファネイアに負けたが・・。


競馬のオッズは、たまに不思議と思えるようなことが起きる。
オッズは、馬の実力通りに決まるものではなく、馬券を“買う側”の人間が決めるもの。

レース結果を見ても、やっぱり2番人気だったことが、結果的には「?」でした。

今年の秋、凱旋門賞のリベンジへ挑むにあたっては、完璧といえる始動戦でした。

内回りで直線は短い。
そして、今回もキズナのリズムで、ポジションは自然と最後方からの競馬。

前半1000mは60秒5で、早くもなく遅くもない、平均ペース。
前3頭と後続の5頭が大きく離れる展開で、後続の馬の仕掛けどころが難しく、流れとしては先行馬がやや有利な展開。

しかし、キズナと武豊は、いつものリズムでレースを進める。

最後は、1頭だけ次元の違う切れ味、『上がり3F33秒台の末脚』を使い、
別格の決定力で貫禄勝ち。


まだまだ上積みは見込めそうで、さらにもう1段上のギアがありそう。
昨秋よりもさらにパワーアップしており、今秋がとても楽しみです。

凱旋門賞制覇”へ、期待です。

次走は天皇賞春、京都3200m。
鞍上も馬も、一切の不安なし。

オルフェーヴルが勝てなかった、天皇賞をきっちりと制し、凱旋門賞へ完璧な状態で挑みたい。

その前に、武豊の絶妙な騎乗に期待したいレースが今年の桜花賞

今年のパートナーは、【ベルカント
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

桜花賞の前哨戦、フィリーズレビュー(阪神内回り1400m)を制し、桜花賞へ挑みます。
直線は短い方が良いだろうと言われている馬だけに、果たして!?

阪神外回り1600mで行われるコースは、距離も少し長く、直線も長い。

前走までは、スピード任せで、逃げていたが、前走は、なんと4番手でレースを進め、進境を見せた。

昨年の桜花賞は、クロフネサプライズで挑んだ武豊。
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

昨年は前哨戦のチューリップ賞で、絶妙な逃げで勝ち、手の内を見せた状態で挑むことになってしまった桜花賞。

今年は、昨年のチューリップ賞で見せたような絶妙なレースを作れれば、
あっ!と驚かせるような結果になるかもしれません。

豊マジック”をご覧あれ。

今年の桜花賞は、1頭、とてつもなく強い馬がいます。
外を回して、追い込んで来る、ハープスター

ならば、逃げて、後続に脚を使わせながら、ハープスターとの一騎討ちに持ち込みたい。

枠はとにかく内枠が欲しい。

桜花賞は、武豊の手腕に、注目です。

ベルカントのオーナーは、キズナのオーナーの兄、ノースヒルズの代表「前田幸治」さんです。
キズナの勝負服とは、腕のラインの本数が違うだけです。


→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP