すでに重賞2勝、武豊の存在感~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

すでに重賞2勝、武豊の存在感

2015-01-30


近年、リーディング争いからは姿を消している武豊だが、今年はさすがの存在感を示している。
1月5日の京都11R万葉ステークスを制したかと思えば、翌週のシンザン記念(G3)を制覇。
そして、コパノリッキーで東海ステークス(G2)を制し、重賞を早くも2勝

2月1日(日)には京都ではなく、東京まで遠征して、ワイドバッハで根岸ステークスへ挑む。
ここも十分争覇圏内で、重賞3勝目も。

鍵となるのは、
今年はG1を勝てるのか?

といったところだろうが、さっそくフェブラリーステークスで、その時を迎えそうだ!

それが先日東海ステークスを制したコパノリッキー。

控える形で、突き放す見事な強い競馬を披露。

東海ステークスは、1800mという距離。
フェブラリーステークスは、1ハロン短くなり、ベストとも言える1600m。

課題は「スタート」
ここだけクリアできれば、敵はいなさそうだ。

そして武豊自身の話に戻るが、現在9勝。
順調にこのペースで推移できれば、久しぶりの年間100勝は視野に入る。

そして近年は、社台系の馬が集まらなくなっていたが、そうでもなくなってきた。

京都記念では、キズナが復帰する予定。
その1週前に行われるきさらぎ賞には、ポルトドートウィユに騎乗予定。

自身が手綱を取ったエアグルーヴの孫にあたり、母のポルトフィーノも武豊が手綱をとっていた。

さらに言えば、ポルトフィーノの父クロフネも武豊の手綱でG1を制覇。
そして肝心なポルトドートウィユの父は、ディープインパクト。


ポルトドートウィユ
父:ディープインパクト
母:ポルトフィーノ
母父:クロフネ
母母:エアグルーヴ

ここに並ぶ4頭の良血馬だけでなく、その良血馬たちの結晶とも言えるポルトドートウィユに、ついに武豊が騎乗することになる。

これは、競馬ファン、特にオールドファンにとってはとても夢のある機会だろう。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP