ヴィクトリアマイル2014 回顧~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年07月22日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1149 現在頂いた口コミの数:47630

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

ヴィクトリアマイル2014 回顧

2014-05-20


まさかの逃げ切り。。。
先週のNHKマイルCは、ミッキーアイルが逃げ切った。
過去57回行われた東京芝1600mでのG1で逃げ切りは、「3回目」だった・・・。

そして58回目も、なんと・・・

まさかの逃げ切り勝ち。
これで、過去58回のうち逃げ切り勝ちは「4回目」。

そんな珍しいことが、なんと2週連続でw。

勝ったのは、ヴィルシーナ
近走は凡走続きだったが、昨年の優勝馬。
初のヴィクトリアマイル連覇達成。
11番人気だから、やっぱり驚きだ。


枠から考えても、逃げるのは2番に入ったクロフネサプライズだろうと思われていた。
が、ゲートが開いてみると14番の外目の枠からヴィルシーナがハナに立つ。

クロフネサプライズ陣営は、自ら逃げる気がなかったんだろう。

しかも前走を叩いて、調整もうまくいき馬の状態は良かった。

これが阪神や京都だったら、何がなんでも逃げることを考えたんだろうけど。
結果的には中途半端な競馬に。

東京マイルは逃げ切るのは至難。
だからこそ、逃げてくれたヴィルシーナをそのまま逃がしておこうという騎手の心理も働いていたと思う。

牝馬のレースとなると、最後の直線を意識してかある程度流れは落ち着いてしまう。

今回もそうだった。

そして近走は凡走続きだったヴィルシーナをある程度逃げさせておけば、「直線で追えば差せるだろう」と。

その油断が結果的に、
ヴィルシーナを自分のリズムで気持ちよく走らせてしまった。

2着に入ったのが、メイショウマンボ。さすが、地力は見せた。

馬の状態は、昨秋ほどではなかったが、今現在の牝馬同士なら、間違いなくメイショウマンボは、1、2を争うだろう。
あとは、ジェンティルドンナとの直接対決があれば、見てみたい。

3着は、内枠をうまく生かしたストレイトガール

短距離を使われ、高松宮記念でも1番人気を背負った馬。

今回は2ハロンも長い1600mで好走。
本来はスプリンターだけに、大健闘と言っていい。
この馬は、「秋にはG1を獲れるんじゃないか?」と思わせる内容。

今年のスプリンターズSは、中山ではなく新潟競馬場で開催される。

坂のないコース。
順調に行けば大きなチャンスだと思う。
高松宮記念は不良馬場に泣かされ3着。


にしても東京の芝は、本当にグリーンベルト状態・・・。
内枠の馬が明らかに有利
前も止まらない。

これから、オークスダービーと続く。
この馬場状態で、果たして“差しきれる馬”は現れるのか!?




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

函館記念も大荒れの結果でしたね

先々週の七夕賞に続いて先週の函館記念も大荒れの結果でしたね。 悔しいのは、調教でいい動きであった 1着エアアンセム 3着エテルナミノル そして1週追切でのいい動
2018年07月17日 →記事はこちら

ゲン担ぎ今週も東京で大人しくしていますw

先週は愛馬ディメンシオンが勝利を挙げてくれました。 やはり愛馬の勝利は格別ですね。 この勢いで今週も愛馬勝利を狙ってまいります。 今週の愛馬出走は日曜中京09レースに出走するゴールド
2018年07月13日 →記事はこちら

捨てる神あれば拾う神ありです

先週の七夕賞はとんでもない荒れ方しましたね。 さすがにここまで荒れてしまいますと手が出ませんね。 それはそうと、先週は東京で大人しくしていたのですが、 愛馬ディメンシオンが土
2018年07月09日 →記事はこちら

今週は東京で大人しくしています

愛馬クイーンズテイストの敗戦ショックから1週間。 今週競馬界ではいろんな出来事がありました。 その中でも角居調教師逮捕のニュースは衝撃的です。 先日家業である天理教を継ぐために調教師
2018年07月06日 →記事はこちら

残念な結果です(T_T)

先週土曜日は愛馬クイーンズテイストの2戦目を見る為に 福島競馬場まで行ってきました。 東京よりは涼しいかと思っていましたが 福島かなり暑かったです(-_-;) 競馬場には出走ギ
2018年07月02日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP