安田記念2014 史上、最も熾烈なマイル王争奪戦~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年01月21日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1091 現在頂いた口コミの数:43445

比較競馬BLOG

安田記念2014 史上、最も熾烈なマイル王争奪戦

2014-06-04


今年の主役は【ジャスタウエイ
これに異論はない。
昨秋の天皇賞でジェンティルドンナに圧勝し、中山記念でも文句無しの快勝。
そして挑んだドバイデューティフリーでは、圧倒的強さを世界に見せつけた。
レーティングでも世界一となり、世界が注目する馬となった。

帰国初戦となるが、馬体はムキムキで順調そのもの。

騎乗予定だった福永祐一ジョッキーが騎乗停止処分となってしまい、本番で乗れなくなった。
と言っても、中山記念の時も騎乗予定だった福永祐一ジョッキーが騎乗停止で乗れなかった経緯もあり、乗り替わりになっても馬の力は間違いない。


そんなジャスタウエイを、
強力な布陣で、ディープインパクトの息子たちが迎え撃つ。

■至難と言われる東京芝1600mを逃げ切った3歳馬【ミッキーアイル
58kgを背負う古馬に対して54kgの斤量になるわけで、“4kgのハンデ”はとても大きい。


■3年前の安田記念を制したのが、当時3歳で斤量のハンデをうまく生かして勝ったのが【リアルインパクト
6歳となった今年、“再び”安田記念に挑む。


■2年前のクラシックの主役だった【ワールドエース
屈腱炎を克服し、長期休養明け後復帰2戦目で、なんとG2のマイラーズカップを制して今度こそ悲願のG1制覇へと挑む。
マイラーズカップは、レベルの高い1戦だった。
十分にG1で勝負できるだけのレース内容。


■そのマイラーズCもそうだったが、素晴らしい脚を持ち、勢いのある【フィエロ
格上挑戦という形にはなるが「勢い」「素質」ともにG1で通用するだけの器だ。


■今年から距離を短縮し、主戦場をマイルに絞ってローテーションを組まれている【エキストラエンド
京都金杯を快勝し、その後東京新聞杯で2着、マイラーズCで3着とマイルで重賞級の力を示している。
順調なローテーションを消化し、目標の安田記念に照準を合わせてきた。


■そして昨秋のマイルCSで、初のマイル戦で、いきなりG1制覇を成し遂げた“現マイル王者”の【トーセンラー
今年は京都記念2着のあと京王杯SCを叩いての安田記念参戦予定だったが、坐石のため京王杯SCを直前で回避。
順調度に欠けると思われるが、実際には、帰厩後、相当乗り込まれており調整は順調。
京都記念以来4ヶ月ぶりのレースとなるが、そこまで大きく割り引く必要はないだろう。


■昨年の安田記念で、超人気薄で3着と、マイルで実績のある【ダノンシャーク】もいる。
昨秋のマイルCSでは、1番人気を背負ったものの3着と惜敗。
今年は冬に、大雪の影響で輸送など振り回されてしまい、レースでは結果がでていないが、
本来の調子なら常に本気で走る馬だけに、追い切りの動きには注意しておきたい。



→BLOG記事一覧へ戻る。



新着ブログ一覧

愛馬の応援に行ってきました

2018年の競馬も2週目となりました。 1週目の三日間開催は愛馬未勝利に終わりましたが、 今週こそはの思いで中京競馬場へ向かいました。 中京競馬場といえば、現在はUMAJOスポットとなっ

NEW2018年新年あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりました。 今年は以下の目標へ向けて頑張ってまいります。 ☆2018目標1 一つでも多くの的中を獲る! その一環として競馬サイトの検証をしていきます。 そして的中する

有馬記念2015 宝くじよりも有馬記念?

第60回グランプリ有馬記念は大波乱の予感!? 【ラブリーデイ】は蹄に不安あり! 【ゴールドシップ】のラストラン! JC馬【ショウナンパンドラ】体調不良で出

朝日杯FS2014 回顧

ダノンプラチナが2歳王者に!! マイルG1に、ディープ産駒の敵はいなかった。圧巻の瞬発力。 2週連続で、「同じものを見ているのか!?」と錯覚するような走り。 唯一のディープ産駒が、2

朝日杯FS2015 ユタカさんごめんなさい

武豊のJRA・GI完全制覇の夢が、一瞬にして散った。 絶好の抜け出しでエアスピネルの大楽勝と思わせる展開となったのはほんの束の間。 最後方から、迫り来る漆黒の馬体。 こいつは怪物の兄エピファ

アクセスランキング

↑ PAGE TOP