今週から三場開催が始まりますね~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2021年09月28日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1264 現在頂いた口コミの数:55304
競艇予想の無料情報なら【比較競艇.net】|競艇予想|無料|口コミ

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

今週から三場開催が始まりますね

2020-01-17

今週から小倉競馬が始まり、中央競馬は三場開催となります。
まだまだ愛馬の出走はありませんが、2020初出走は小倉競馬か京都競馬になりそうです。
ルヴェルソー(小倉・3歳未勝利)とパンサラッサ(京都・若駒S)の出走が待ち遠しいところです。

さて今回は日曜中山「京成杯」に出走する馬で動きが良かった馬をピックアップいたします。

京成杯
キングオブドラゴン
最終追切でのキングオブドラゴン

<調教短評>
まだまだ気性的に幼い面は残しているが、今週ウッドチップコースでマークしたタイム(1000m 66秒2)は、今の馬場を考えればかなり優秀と言える。
力強いフットワークで駆けていたのも好感が持てる。
1勝クラスがほとんどのメンバーが相手なら好走も十分可能。

クリスタルブラック
最終追切でのクリスタルブラック

<調教短評>
吉田豊騎手を背に坂路で最終追切。
余裕のある手応えで追走先着した動きは秀逸。
人気にはならなそうだが、一発激走が可能なデキと動きと言える。

ディアスティマ
最終追切でのディアスティマ

<調教短評>
シュタルケ騎手を背にポリトラックコースで最終追切。
時計が出やすい馬場ではあるが、推進力に溢れた動きが印象的だった。
前走からの上積みはかなり見込めそう。

ヒュッゲ
最終追切でのヒュッゲ

<調教短評>
馬なりながら坂路を力強く駆け上がる動きが際立っていた。
メンバー的にも2勝している同馬。実績的に上位なのは明らかだし、
調教でこれだけ動いていれば、恥ずかしい競馬にはならないだろう。

ロールオブサンダー
最終追切でのロールオブサンダー

<調教短評>
今週は坂路でいっぱいに追われていたが、最後まで脚勢が乱れることなかった。
ここにきて馬体がパワーアップしているのは確実。
前々走ぐらいのパフォーマンスは見せられるだろう。

尚、京成杯ではディアスティマ、キングオブドラゴン、クリスタルブラックあたりが上位に来てくれれば、払戻も期待できそうです。
週末馬券の参考までに。

最後に最近は競艇人気が結構出て来ているみたいですね、読者の皆様から「競艇サイトの検証はやらないんですか

競艇サイトの検証はやって下さい」といった声をいただいております。

先日の当ブログでも取り上げています「船の時代」のように
気になるサイトがありましたら検証していきますのでご要望いただけたらと思います。


比較競艇



毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

今週から秋のGI

今週日曜日は国内ではGIスプリンターズステークス 海外では凱旋門賞が行われます。 ココから競馬が盛り上がってくる時期でもあります。 私の愛馬も今週末のヴィクトールドパリを筆頭に、ダイヤモンド
2021年09月27日 →記事はこちら

今週愛馬の出走はなし(>_<)

ルヴェルソーの敗退に未だ立ち直れていませんが、立ち止まってもいられません。 次週以降に巻き返しに期待です。 そして来週から秋のGIシリーズが始まります。 秋のGIシーズンへ向けて調教眼に磨きをか
2021年09月24日 →記事はこちら

喜びの土曜と落胆の月曜

先週は2頭の愛馬が出走しました。 1.土曜中京5レースに出走したダイヤモンドフジ スタートはイマイチだったものの、直線での伸びは上々で2着は確保。 今回の勝馬はGI馬インディチャンプの下
2021年09月21日 →記事はこちら

今週はダイヤモンドフジがデビュー!

今週末は土日月の三日間開催。 土曜日はグリーンファーム愛馬会の2歳馬ダイヤモンドフジがデビュー。 そして最終日となる月曜日はルヴェルソーが中山10レースに出走します。 そろそろ勝利が欲しいところ
2021年09月17日 →記事はこちら

ほろ苦デビュー

先週は期待の2歳馬ヴィクトールドパリがデビューしました。 3着という結果。ほろ苦いデビューとなりました。 このレースを使った事による変わり身に期待です。 そして今週はダイヤモンドフジとル
2021年09月13日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP