すでに重賞2勝、武豊の存在感~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2023年02月02日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1251 現在頂いた口コミの数:56537
競艇予想の無料情報なら【比較競艇.net】|競艇予想|無料|口コミ

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

すでに重賞2勝、武豊の存在感

2015-01-30


近年、リーディング争いからは姿を消している武豊だが、今年はさすがの存在感を示している。
1月5日の京都11R万葉ステークスを制したかと思えば、翌週のシンザン記念(G3)を制覇。
そして、コパノリッキーで東海ステークス(G2)を制し、重賞を早くも2勝

2月1日(日)には京都ではなく、東京まで遠征して、ワイドバッハで根岸ステークスへ挑む。
ここも十分争覇圏内で、重賞3勝目も。

鍵となるのは、
今年はG1を勝てるのか?

といったところだろうが、さっそくフェブラリーステークスで、その時を迎えそうだ!

それが先日東海ステークスを制したコパノリッキー。

控える形で、突き放す見事な強い競馬を披露。

東海ステークスは、1800mという距離。
フェブラリーステークスは、1ハロン短くなり、ベストとも言える1600m。

課題は「スタート」
ここだけクリアできれば、敵はいなさそうだ。

そして武豊自身の話に戻るが、現在9勝。
順調にこのペースで推移できれば、久しぶりの年間100勝は視野に入る。

そして近年は、社台系の馬が集まらなくなっていたが、そうでもなくなってきた。

京都記念では、キズナが復帰する予定。
その1週前に行われるきさらぎ賞には、ポルトドートウィユに騎乗予定。

自身が手綱を取ったエアグルーヴの孫にあたり、母のポルトフィーノも武豊が手綱をとっていた。

さらに言えば、ポルトフィーノの父クロフネも武豊の手綱でG1を制覇。
そして肝心なポルトドートウィユの父は、ディープインパクト。


ポルトドートウィユ
父:ディープインパクト
母:ポルトフィーノ
母父:クロフネ
母母:エアグルーヴ

ここに並ぶ4頭の良血馬だけでなく、その良血馬たちの結晶とも言えるポルトドートウィユに、ついに武豊が騎乗することになる。

これは、競馬ファン、特にオールドファンにとってはとても夢のある機会だろう。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

クイーンズテイスト…2着はあったと思ったのですが(泣)

先週は愛馬クイーンズテイストが 2021年5月23日(日) 新潟7R4歳上1勝クラス(ダート1200m) に出走しました。 勝馬には離されたものの、あわや2着があったという内容。
2021年05月24日 →記事はこちら

今週は3歳牝馬NO.1決定戦です

今週は愛馬クイーンズテイストが出走します。 2021年5月23日(日) 新潟7R4歳上1勝クラス(ダート1200m) 走破タイム的にはランランウイングあたりに人気が集まりそうですね。
2021年05月21日 →記事はこちら

【馬券圏内独占】ヴィクトリアマイル3連単287.5倍的中!

先週は愛馬の出走は0。 土日とも馬券野郎と化してましたw たまには馬券だけに集中するというのもいいものですね。 先週金曜日の当コラムでは、日曜東京のヴィクトリアマイルの好調教馬を推奨していま
2021年05月17日 →記事はこちら

今週は牝馬NO.1決定戦

今週は愛馬の出走はなし。 ここにきてルヴェルソーとパンサラッサの戦線離脱は痛いです。 しばらくは我慢の日々です。 さて今週は土日で 京王杯スプリングカップ ヴィクトリアマイル こちらの
2021年05月14日 →記事はこちら

なかなかうまくいかないものですね。

先週は愛馬が2頭出走しました。 2頭ともに土曜新潟での出走。 2021年5月8日(土) 新潟1R障害オープン ポルトラーノ(6着) 終始鞍上とケンカしている感じだった。 ここまで押
2021年05月10日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP