今週はひさしぶりに愛馬出走~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2020年02月25日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1201 現在頂いた口コミの数:54344
競艇予想の無料情報なら【比較競艇.net】|競艇予想|無料|口コミ

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

今週はひさしぶりに愛馬出走

2020-02-14

今週はひさしぶりに愛馬が出走します。
出走するのはベルアンブル(日曜東京3R3歳未勝利)。
ベルアンブル

今回はひさしぶりの出走+初ダートと楽観できる条件ではありませんが、
未勝利脱出へ向け展望の開けるレースをしてほしいところです。


そして来週はディメンシオン(京都牝馬S)が出走予定。
ヴィクトリアマイルへ向け、好スタートを切って欲しいです。

さて今回は土曜東京「クイーンカップ」に出走する馬で動きが良かった馬をピックアップいたします。

クイーンカップ
アミークス
最終追切でのアミークス

<調教短評>
今週はポリトラックで軽めの調整であったが、1週前追切で
アントリューズ相手に抜群の動きを見せている。
ひさしぶりのレースになるが、上位争いは十分可能な仕上がりと言える。

インザムービー
最終追切でのインザムービー

<調教短評>
時計の出やすいポリトラックコースでの調教だったとはいえ、
全体時計75秒6はなかなか出せるものではない。
調教通りに迷いのない逃げが打てれば、一発が期待できそう。

シャンドフルール
最終追切でのシャンドフルール

<調教短評>
終始馬なりの調整ではあったが、指示に対する反応良く上々の動き。
それよりも馬体をフックラ見せている点に好感がもてた。
ひさしぶりのレースでも恥ずかしくないレースはできそうだ。

ホウオウピースフル
最終追切でのホウオウピースフル

<調教短評>
ここ2週調教で走る相手に互角の動き。
体全体を使ったバネのある走りが印象的。
こういったタイプは直線長い東京コースでいかにも走りそうな感じ。

マジックキャッスル
最終追切でのマジックキャッスル

<調教短評>
トレセンには1か月前から入厩してここまで入念な乗り込み。
ここにきて本来のシャープで切れのある動きを見せるようになってきている。
同舞台のサフラン賞2着があるように東京コースを経験している点も強みと言えよう。

尚、クイーンカップではアミークス、インザムービー、シャンドフルールあたりが上位に来てくれれば、払戻も期待できそうです。
週末馬券の参考までに。

最後に最近は競艇人気が結構出て来ているみたいですね、読者の皆様から「競艇サイトの検証はやらないんですか

競艇サイトの検証はやって下さい」といった声をいただいております。

先日の当ブログでも取り上げています「船の時代」のように
気になるサイトがありましたら検証していきますのでご要望いただけたらと思います。


比較競艇



毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

今週はひさしぶりに愛馬出走

今週はひさしぶりに愛馬が出走します。 出走するのはベルアンブル(日曜東京3R3歳未勝利)。 今回はひさしぶりの出走+初ダートと楽観できる条件ではありませんが、 未勝利脱出へ向け展望の開け
2020年02月14日 →記事はこちら

また1頭が…

また先週金曜日の当コラムでは「東京新聞杯」の好調教馬として推奨しました 1着 プリモシーン <調教短評> 今週はミルコ・デムーロ騎手とコンタクトを取っていた。 非常に息の合った感
2020年02月10日 →記事はこちら

今週は愛馬の出走は無し(>_<)

今週は愛馬の出走はなし。 今後は来週にベルアンブル(3歳未勝利)、ディメンシオン(京都牝馬S)が出走予定しています。 何とか今月中に2020初勝利を狙いたいです。 さて今回は日曜東京「東京新
2020年02月07日 →記事はこちら

小倉まで行って惨敗とは…

先週は愛馬ルヴェルソーが出走をしました。 出走したレースは、日曜小倉5R3歳未勝利。 ルヴェルソー※黄色帽の馬 想像以上に悪くなっていた馬場で脚を取られていたそうです。 この馬は重
2020年02月03日 →記事はこちら

今週は2020初勝利を目指します!

今週も愛馬が出走します。出走する愛馬は ☆ルヴェルソー デビュー戦2着、2戦目3着と今の未勝利では能力上位は明らかです。 ここは藤田菜七子騎手で決めてもらいたいです。 さて今回は日
2020年01月31日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP