凱旋門賞2014 回顧~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2022年12月01日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1251 現在頂いた口コミの数:56512
競艇予想の無料情報なら【比較競艇.net】|競艇予想|無料|口コミ

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

凱旋門賞2014 回顧

2014-10-09


昨年、そのパフォーマンスに鳥肌を立たされた【トレヴ】が連覇!!
改めて「凄い馬」だと言わなければならない。
決して絶好調でもない。パフォーマンスも昨年には、少しも及ばない。
それでも、あのタフなロンシャンの2400mで、58kgの斤量を背負い牡馬を倒す辺り、
3歳牝馬ながらオルフェーヴルキズナをぶっちぎった、さすがの馬としか言いようがない。

レースレベルに関して言うならば、
ディープインパクトが闘った2006年、そして昨年2013年の超ハイレベルだった凱旋門賞に比べるとちょっと劣る
2着に昨年の凱旋門賞“3着”のフリントシャーが入っていることからもわかるはず。

日本馬に関しては応援はしてたけど。。。今年は・・・、もったいない!
もしかしたら、ローテーションや戦略をもっと凱旋門賞を本気で獲りに行くような形で挑戦していれば、もう少し善戦できた可能性はある!
とは言え、これが現実
ハープスターには、ロンシャン2400mは長すぎる!
東京2400mですら長いのだから。ジャスタウェイも同様に・・・
ゴールドシップは、能力がちょっと足りないとしか言いようがない。

巷では、「馬の力は足りているが騎手の力が足りない」と言われているが、果たしてそうだろうか?
昨年のオルフェーヴルやキズナと比べて、勝てる可能性があっただろうか?
そもそも勝てる位置にいない3頭が出走し、ただただマスコミが煽っただけでは?

日本人として応援はしたい!
だけど、競馬というものを考えた時に、今年の挑戦は凱旋門賞を舐めてるとしか言えない!!
凱旋門賞を勝つための準備が、できていないのだから!

外国人騎手を乗せないとダメ」とかそんなレベルの話じゃない。
そもそもキャロットクラブのようなクラブ馬が、万全に挑むことなど物理的に無理な話。
過去、本気で凱旋門賞を獲りに行った陣営は“同一馬主”または“同一グループ”の所有馬を帯同馬として送り込んだ。
さらにそれだけでなく、現地で調教の相手をさせるための馬を、馬主が現地で調達している。

それは、1口ずつわけあうような形のクラブ馬主にはできないこと!
クラブ馬がいいとか悪いとかではなく、そこだけはどうにもならない。
ハープスターに出資してる400人の会員が、たまたま同じ400人で他の馬に出資してることなどあり得ないのだから!

そして、ゴールドシップとジャスタウェイ。
同じ厩舎とは言っても、馬主は別。
凱旋門賞に挑むには、馬主力はとても大きいように思う!
ナカヤマフェスタの2着の陰には、馬主さんの相当な負担があったことは日本ではあまり報じられていない。
ただ日本のG1で活躍した馬なら、期待できることは確か!

凱旋門賞は甘いレースではない。
また近々、本気で勝ちに行く日本馬が誕生することを願うのみ。
今年の惨敗は、日本の競馬界にとってはとてもいい教訓になるであろう!



毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

クイーンズテイスト…2着はあったと思ったのですが(泣)

先週は愛馬クイーンズテイストが 2021年5月23日(日) 新潟7R4歳上1勝クラス(ダート1200m) に出走しました。 勝馬には離されたものの、あわや2着があったという内容。
2021年05月24日 →記事はこちら

今週は3歳牝馬NO.1決定戦です

今週は愛馬クイーンズテイストが出走します。 2021年5月23日(日) 新潟7R4歳上1勝クラス(ダート1200m) 走破タイム的にはランランウイングあたりに人気が集まりそうですね。
2021年05月21日 →記事はこちら

【馬券圏内独占】ヴィクトリアマイル3連単287.5倍的中!

先週は愛馬の出走は0。 土日とも馬券野郎と化してましたw たまには馬券だけに集中するというのもいいものですね。 先週金曜日の当コラムでは、日曜東京のヴィクトリアマイルの好調教馬を推奨していま
2021年05月17日 →記事はこちら

今週は牝馬NO.1決定戦

今週は愛馬の出走はなし。 ここにきてルヴェルソーとパンサラッサの戦線離脱は痛いです。 しばらくは我慢の日々です。 さて今週は土日で 京王杯スプリングカップ ヴィクトリアマイル こちらの
2021年05月14日 →記事はこちら

なかなかうまくいかないものですね。

先週は愛馬が2頭出走しました。 2頭ともに土曜新潟での出走。 2021年5月8日(土) 新潟1R障害オープン ポルトラーノ(6着) 終始鞍上とケンカしている感じだった。 ここまで押
2021年05月10日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP