桜花賞2014 始まりは、いつも桜~競馬予想サイトの口コミや情報を分析しての検証中。

最新更新日:2018年10月17日に更新しました!
競馬予想サイトを徹底比較。『優良競馬予想サイト』と『悪質競馬予想サイト』を口コミを元に徹底調査しました。
現在の競馬予想サイト数:1160 現在頂いた口コミの数:49659

管理人競馬ブログ 競馬予想と的中虎の巻

桜花賞2014 始まりは、いつも桜

2014-04-09

いよいよ今週末に迫った、牝馬クラシック
桜花賞

1頭“化け物”がいる今年の桜花賞だが、
チューリップ賞ではない、別路線から桜花賞に挑む馬も、分析しておきたい。

桜花賞トライアルの重賞、フィリーズレビューを制して桜花賞に挑戦するのは、“ベルカント
画像をクリックすると拡大画像を別ウィンドウに表示

デビュー戦から、名手武豊が手綱を取り続けている。

小倉芝1200mで、デビュー勝ち。
2着馬に、0.8秒もの差をつけて、スピードの違いを見せつけた。

2戦目で重賞、小倉2歳S(芝1200)に挑み、重の馬場状態で、果敢に逃げるも、ホウライアキコに敗れ2着。
(この後、ホウライアキコは牡馬を相手にデイリー杯2歳Sを制す)

ベルカントは、この後、京都1400mのファンタジーSを逃げ勝ち。

2歳女王の道阪神JFへ挑むだろうと思われた。
しかし、スピードに勝るタイプで、阪神外回りのコースは直線が長く、厳しいだろうという見解の元、選択されたのは、直線の短い中山1600mで行われる朝日杯FS

なんと2歳のマイル王決定戦・・・、牡馬との対決に挑むことを選択した。

ここでも果敢に逃げ、絶妙な展開で直線へと進む。
しかし、中山の直線には、急坂が待ち構えており、この急坂で失速。
結果は、0.7秒差の10着。

2ケタ着順とは言え、牡馬との対戦での着差を考えれば、悲観するほどではない。

ベルカントの父は、サクラバクシンオー。快速のスプリンターだ。
母親側の血統も、あまり長い距離のイメージはない。
サクラバクシンオー産駒は、やはりスプリンターが多い。しかしながら、中山の急坂を苦手とするのか、そもそもサクラバクシンオー産駒の中山競馬場での成績は、苦戦を強いられてる傾向。
ならば、牡馬との対戦での大敗は、余計に度外視していい。

3歳を迎え、桜花賞の前哨戦に選んだフィリーズレビュー(阪神内回り1400m)
ここで進境を見せる。
今までは、逃げるだけだったが、4番手に控える競馬。
ロスのないコースを鞍上の武豊が導く好騎乗で、見事に勝利。

阪神も坂のあるコース。中山ほどではないが、このコースで好走できたことは大きい。

桜花賞の舞台は、外回りコース。
直線が長くなり、かつ距離が1ハロン(200m)伸びる。
どう克服するのか?
血統的な距離不安を吹き飛ばせるか?

調整面やローテーションに関しては、至って順調だ。

武豊との「スイスイ独り旅」で逃げ切りも期待してみたい。

牡馬と戦った経験は、とても大きい。




毎週馬券に悪戦苦闘し、一口馬主として出資している愛馬の走りに一喜一憂している根っからの競馬好き。

当ブログでは馬券的中のヒントや愛馬観戦記を通じて
読者の皆様に競馬の楽しさを伝えて行こうと思います。

比較競馬管理人
桝井 千暁

→BLOG記事一覧へ戻る。


新着ブログ一覧

前代未聞の珍事ですw

先週の競馬で新人山田騎手が、前代未聞と言える珍事をしでかしました。 詳しくはこちらで▼ https://biz-journal.jp/gj/2018/10/post_8180.html
2018年10月15日 →記事はこちら

今週から秋のGIシリーズが再開しますね

今週は京都競馬でGI秋華賞が開催されます。 その他では、今週から新潟競馬も始まります。 荒れる傾向が強いコースだけに、1レースでも多くの高配当的中を仕留めたいところです。 最終追切でよく
2018年10月12日 →記事はこちら

今週からの秋のGIが再開しますね

先週は中央競馬だけでなく、地方競馬、海外競馬と競馬ファンにはたまらない週末でしたね。 当ブログでも推奨していたアエロリットが毎日王冠を勝利し、 2着ステルヴィオと3着キセキもしっか
2018年10月10日 →記事はこちら

今週末は中央・海外・地方と盛りだくさん

今週は中央競馬で サウジアラビアロイヤルカップ 毎日王冠 京都大賞典 海外競馬で 凱旋門賞 地方競馬で マイルCS南部杯 と重賞レースが盛りだくさん。 土日月と三日間競馬
2018年10月05日 →記事はこちら

GIスプリンターズSは撃沈しました(T_T)

台風24号とんでもない猛威をふるいましたね。 おかげで本日の阪神競馬(日曜の代替競馬)は中止となりました。 明日火曜日に順延になりましたが、果たして明日の競馬場に人は集まるのでしょうか。
2018年10月01日 →記事はこちら

アクセスランキング

↑ PAGE TOP

  • Copyright © 2018 比較競馬.net All rights reserved